【マンガ】盾の勇者の成り上がり アネコユサギ/藍屋球 12巻~16巻までのあらすじ・感想 

コミック
この記事は約5分で読めます。

盾の勇者の成り上がりアニメ版シーズン1の最後で尚文たちを召喚した異世界とが別次元に異世界があり同じように勇者が召喚されていたことがわかる。

カルミラ島で同行していたラルクたちは別次元の勇者で尚文たちのいる異世界の勇者を倒すことで自分たちの世界を救うのだと明かす。

ラルク達のもとにグラスも現れ加勢し尚文たちの戦いが激化する。

仲間たちの援護もあり尚文たちは辛うじてラルクやグラスたちを退けることに成功し、波を乗り切る。

その後尚文たちは樹のパーティーから冤罪をかけられ追放されたシーリアを迎え入れる。

ラフタリアの故郷の領主になった尚文「波で壊れてしまったラフタリアの村を波に対抗する俺たちの象徴にするんだ。」と語る。

そして尚文はラフタリアに「盾の勇者の物語はここからもう一度始まるんだ!」と。

これがアニメ版のシーズン1の25話のあらすじ。

そして!いよいよ2021年シーズン2が放送されることが決定したのでうれしい限り!!

アニメ版盾の勇者の成り上がりはU-Nextで!

盾の勇者の成り上がり 12巻~16巻までのあらすじ

尚文たち盾の勇者一行に新たに仲間に加わったキールとシーリア。

次の波に備えて剣の指南役にエクレール、戦闘顧問に変幻無双流の老子を迎え勇者一行の訓練が始まる。

この訓練が尚文以外の勇者の反感をまねきメルロマルクから解放することを女王い言い寄る。

女王から次の波の戦闘に参加すること、謎の魔物の討伐の2つの条件を満たせば勇者たちの希望を飲むといわれる。

魔物討伐に向かった尚文たちはそこで謎の魔物(蝙蝠の使い魔)の存在を知る。

蝙蝠の魔物によって襲われた魔物や人に卵を植え付け新たな使い魔を作ることまで突き止める。

そんな中、盾の勇者を除く3勇者の行方が分からなくなる。

シーリアの働きでこの使い魔の事件の大本には守護獣の霊亀の存在が浮かび上がる。

行方をくらませた3勇者もおそらくその霊亀の元に向かったとも。

山をも担ぐ巨大な守護獣:霊亀を尚文たちは封印することになるが相手が巨大で想像を絶する力に苦戦する。

霊亀の使い魔となったオスト・ホウライの力を借りて心臓を封印し最深部コアのもとにたどり着く。

そこでコアに囚われた勇者を発見しそしてその黒幕も姿を現す。

その正体はラルク達と同じ異世界の勇者(眷属器)の所持者キョウ・エスニナという存在だった。

キョウとの戦闘が始まる瞬間異次元の眷属器の所持者のラルク達が姿を現す。

目的はキョウの愚行を止めるためだった。

しかし、霊亀の力を得たキョウは強く尚文とラルク達を手を組んでも次第に追い詰められる。

そんな中、樹を思う気持ちからシーリアは信じられない程の力を発揮し形成を逆転する。

尚文はオストの力を借りコアの破壊するも最後の霊亀の力を得てキョウは自分の世界へ逃げてしまう。

尚文たちはその後追おうとしたが四聖勇者は他の世界の侵攻をできないとされていて後へ追えない状況に陥る。

オストの最後の力によって尚文は条件付きで他の世界へ行けるようになる。

尚文・ラフタリア・フィーロ・シーリアはキョウの作り出した異次元のあなを通り追撃に入るが・・・。

気が付くとそこにはシーリアしかいなく、しかも自分たちのLvは1に戻ってしまっていた!

尚文たちは異世界の四聖勇者 風山絆という人物に助けられていた。

絆から尚文たちがいる場所のことを聞かされ唖然となる。

そう今いる場所は一度入ると二度と出られない「無限迷宮」とういう牢獄だった。

絆と力を合わせ尚文たちは「無限迷宮」から脱出する。

別の場所・・・ラフタリアは「減退牢獄」というところでラルクやグラスたちと出会う。

理由は不明だがラフタリアはラルク達ともに牢獄に囚われてしまった。

ラフタリアの機転で監視から特別な札を取り上げ本来の力を発揮するグラス。

その力で牢獄からの脱出に成功する。

尚文や絆、ラフタリアやラルク達は「龍刻の砂時計」目指すことになる。

12巻~16巻までの感想

メルロマルクが存在する世界には守護獣っていう聖獣みたいなものの存在も何匹かいるみたいですね。

しかも強大な力をもっているみたいだし。

それを異世界の眷属器の勇者の一人キョウという人物が利用して極悪非道のかぎりをつくす所が「ザ!悪役」って感じで倒しがいのあるキャラだな~って。

キョウのやっていることって異世界側からみても敵対側の守護獣を操り無抵抗の人を殺しまくるのは禁忌のようでラルク達も恥じていましたね。

追い詰められたキョウも逃げる手段を用意していてなかなかしぶとい!

オストの力をかりて尚文たちもキョウを異世界まで追うことになるんだけど、キョウの罠?でラフタリアたちと分断されてしまったり、ついた先でLv1にもどってしまったりでもう大変。

そこで出会う異世界側の眷属器の勇者とも敵対するのではなく共闘関係を築くあたりなんかは今後の波でのお互いの立場のための戦闘で色々と悩むところが増えてきそうですよね。

しかし!ラフタリアがLv1になることでちっこくなるのにはビックリ。

レベル補正で少女から女性になっていたみたいなんだよね。

異世界へキョウを追ってきた尚文たちははぐれた仲間と出会うことがで無事できるのか?キョウとの決着がつけられるのか今後が楽しみ!!

盾の勇者の成り上がりをebookjapanで試し読み


タイトルとURLをコピーしました