[コミック]異世界チート魔術師/内田健・鈴羅木かりん 一巻のあらすじ・感想

コミック
この記事は約2分で読めます。
 
 

あらすじ

普通の高校生として過ごしていた吾妻凛と西村太一は帰宅時突然魔法陣が現れ光に包まれる。
気がつくとそこは見知らぬ世界だった。
目前に馬??口から火を吹くウマが現れる。
 
凛を逃すため太一が囮になろうとした時この世界の冒険者に助けられる。
この世界で生活するために太一たちも冒険者になることを勧められ街の冒険者ギルドにいくことになった太一と凛。
 
ギルドで「魔力を持たないものは冒険者になることができない!」と知る。
そこで適性検査を受けることになった二人。
 
検査で太一は全属性に適性を持たない「ユニークマジシャン」、凛は四大属性に適性を持つ「クアッドマジシャン」の素質を持つことが分かった。
 
この世界で二人の属性は非常に稀な存在だという。
特殊な存在すぎて直ぐには冒険者登録できないこととなった二人はレミーナという人物のもとで訓練を受ける事となった。
 
訓練の最中レミーナから二人は「迷い人」と言う存在だと知らされる。
「迷い人」とは別次元の世界からやってくる者のことを言うらしい。
 
そして太一たちを召喚したものがいることも明らかになる。
チート級の力を持つ太一と凛はこの世界でどんな物語を紡ぐのか!!

一巻を読んでの感想

異世界招喚ものとしては王道なストーリー展開の本作。
 
異世界に召喚された直前こそ魔物に太刀打ちできなかったけど、すぐに絶大な力を発揮するところなんかは、題名どおり「チート級」な主人公たちに読み手の好みが分かれる所かもしれないですね。
 
話のテンポもよくさらっと読み流してもストーリーがきちんと頭に入ってくるところなんかもこの漫画の好感が持てます。
 
また、物語の伏線の貼り方も絶妙で主人公たちが異世界に召喚されたのにも大きな目的があるんじゃないかと思わせる所が憎い!
 
それに所々で太一がみせる凛に思いを寄せるシーンがあるんだけど凛も太一に気があるんでしょ?って感じなので今後二人の関係にも注目ですよね!
 
一巻で出たキーワード「迷い人」。
 
もしかしたら太一や凛以外にもこの世界に召喚された人がいたり、その人達との出会いやもしかしたら敵対したりして壮絶な戦いになったりしないかな?って妄想が膨らむばかりです!
 
この作品は結構すきなストーリー構成なのでどんどん読み進めてみたいと思ってます!

異世界チート魔術師一巻が期間限定で無料で読める!ebookjapan

コメント

タイトルとURLをコピーしました