【マンガ】神たちに拾われた男 Roy/蘭々 スライムを極めた男が面白い!

コミック
この記事は約3分で読めます。

神たちに拾われた男の情報をWIKIより。

小説投稿サイト「小説家になろう」にて2014年1月18日より連載を開始し、2015年9月10日より改訂版を連載開始した。2017年9月からは改訂版に準拠した書籍版がHJノベルス(ホビージャパン)より刊行されている。
シリーズ累計発行部数は2020年11月時点で180万部を突破している

引用:神たちに拾われた男wikiより

今年の秋よりTVアニメや動画配信サービスでも見れるようになったこの作品。

アニメ版を見て結構面白かったのでマンガ版も気になり早速読んでみました。

1巻のあらすじ

ブラック企業で働く中年サラリーマンの竹林竜馬は自宅で寝ている最中にくしゃみを4回して頭を床にぶつけたことが原因で死亡してしまう・・・。

死後、三柱の神に協力を求められそれを快諾、神たちにその人柄を気に入られた竜馬は手厚い加護を貰い子供の姿で異世界へ転生する。

最初にたどり着いた森でとりあえず一人暮らしを始める竜馬。

森でスライムをテイムしたのをきっかけにスライムの研究にのめり込む。

ある日森で傷ついた冒険やを助けたことを機にギルムの街で生活を開始することに。

1巻の見どころ

主人公竜馬の能力がチート級だけど

転生を果たした竜馬は神様からの計らいで現世で積んできた能力に関しては異世界でもステータスが高くなっていた。

その反面魔法関係はLv1で魔力自体は多きけどすぐに使えず努力を重ねることで魔法を行使することができたりと初めからなんでも出来るチート能力じゃないところが何だか好感がもてますね。

それにテイムしたスライムの特性に気が付きスライム研究に没頭しはじめて努力の末この世界では謎とされてきたスライムの謎を解き明かしているところなんかは愚直に努力した賜物でこの作品では努力やスキルがよい形で描かれていてほかの転生モノとは少し違う方向性なんだなって感じられるところもよかったかな。

転生させるにも理由がある

よくある転生モノって初めは転生理由がはっきりしなかったりするんだけど、この「神たちに拾われた男」ではその転生する理由がはっきりしているところがほかの作品とは一線を画しているなって思いましたね。

その理由が異世界では魔法に依存しすぎているために魔力が枯渇しかけていて、それをあまり魔力を使わない地球から送り込むために地球側の竜馬の魂を送り込んで同時に魔力も送り込むって感じ。

送り込まれる竜馬も異世界でもう一度人生をやり直せてしかも神様からの加護ももらえるという両者ともに利があるってのがいいね。

神様たちが竜馬に優しいには理由があった!

作中で異世界(セイルフォール)側の神様の会話で地球側の神様の竜馬に対する仕打ちについて語っていて「試練」与えて乗り越えて得た力ですら竜馬の人生には役に立たないようにしたと・・・。

そんな裏事情もあり竜馬の人柄もいいこともあって異世界側の神様達が竜馬に優しくしてるんだなって納得設定なのもいい感じ。

ただ、今後地球側の神がどう関わってくるか(関わってこないのか)?が気になるところですよね。

神たちに拾われた男1巻のまとめ

秋にテレビアニメ化もされて注目の今作。

他の異世界転生系と違い主人公竜馬の努力が光る作品になっているところが魅力ですよね。

その努力や研究によって生活の改善をしたり薬を作ったりとチート無双系のマンガとは全く違うslowライフなしあがりになっている今作。

今後竜馬はこの世界でどんな生活や活躍をしていくのかが楽しみです!

神たちに拾われた男をebookjapanで試し読み

U-NEXTで神たちに拾われた男のアニメ版とマンガ版がみれるよ!

タイトルとURLをコピーしました